ガジェット

【Kissralイヤホンレビュー】フルワイヤレスの魅力と評価

Bluetoothの音質がかなり良くなってから、私もフルワイヤレスのイヤホンが欲しいなーと思い、こちらの商品を購入しました。

Kissralというメーカーの、TWS X8です。

実際、「フルワイヤレスイヤホンって実際どうなの?」と思う方も多いはず。

一見便利そうではありますが、すぐに落としそうですし、充電の保ちや重さなんかも気になりますよね。


そこで今回は、1年以上使っているこちらのフルワイヤレスイヤホンについて、突撃レビューを行います。

使ってから結構時間が経っているので、最近のものはもう少し商品の質が上がっているだろうと思います。

購入の参考になれば幸いです。



スポンサーリンク


Kissralフルワイヤレスイヤホンの使用感

ケース本体にUSBの充電ポートが付いていて、ここから充電します。

重さと携帯性については、かなり勝手が良いです。

昔は首にコードがかかるタイプのワイヤレスイヤホンを利用していたので違いが良く分かるのですが、コードが無くなった分、カバンに入れやすくなりました。

ケースにしまう時にコードが引っかかったり、取り出した時に絡まっていたりというストレスが無いのはとても良いです。

耳に装着した時の重さがどうかと思っていましたが、実際使ってみると違いはほとんど感じないですね。


若干以前使っていたカナル型イヤホンよりも大きく、耳穴小さめの私は最小サイズを使っても、少し強めに入れないと落ちてきます。

まあこれについては私の耳が小さい可能性も高いので、及第点です。

ケースはプラスティック製で安定感があり、ケースごと充電ができるのも便利です。

イヤホン本体についている充電コネクタって大抵ゴム製になっていて、カバーを外すのが若干面倒だったりするんですよね。

その点、ケースに入れて充電できるのは大きいかなと。


音質についてですが、Bluetoothの進化もあり、私はそんなに悪く感じませんでした。

初期のBluetooth(音質が相当悪かった時代)を知っているので、あれから比べたらもう今は最高と言っても良いくらいです。

ただ、まれに左右のペアリングの同期がずれてしまうのか、音がずれてしまう事があります。

一度こうなってしまうと、電源のオンオフを繰り返してみるか、時間が経過してそのうち直るかという感じだったので、音楽でこれが起こるとストレスを感じるかもしれません。

私の場合は音楽はそこまで聞かず、どちらかと言えば映画や英語学習で利用するのがメインなので、そこまで気にならなかったのですが。

Kissralフルワイヤレスイヤホンの利用時間

この日は出がけに充電しましたが、電車で使ってケースに戻したら目盛りが減りました。

カタログスペックでは3~4時間、ケースの充電も合わせれば15時間と書いてありましたが、利用を続けると電池の保ちはどんどん悪くなっていきます。

1年経過したところで見ると、1時間ほど使う→ケースで充電すると1目盛り減る、という感じで、目盛りが4個あるので、だいたい4時間でケースの充電が終了します。

前の充電式ワイヤレスイヤホン(首にかけるタイプのもの)はもう3年ほど使っていますが、電池の保ちはほとんど変わりません。

ここはデメリットですね。頻繁に充電できる環境でなければ、困る事も多いかと思います。


なお、充電式のアイテムは多くの場合、『充電が空になるまで利用して、その後すぐに充電をしない』事によって電池が早く劣化していきます。

でも、このフルワイヤレスイヤホンについては空になるまで使った事がないので、普通に利用していてもこれだけ劣化したという事です。

最近消耗が激しいので、そろそろ新しいものに変えようかと思っていたり。


あと、『ケースからイヤホンを外すと即利用できる』という機能があり、勝手にペアリングされます。

これは最初は便利だったんですが、使っていると月に2~3回程度、『充電したままの状態で勝手にペアリングされる』という問題が発生しました。

これはけっこうマイナスポイントですね。

イヤホンを外して再度ケースに取り付けると、ペアリングが解除されます。

でも勝手にペアリングされているので、スピーカーで音を出すまで気付かないんですよね……。Youtubeを再生しようとして、あれ? という事が度々ありました。

Kissralフルワイヤレスイヤホンの価格

耳側に金属面が2個あり、ここが接触して充電されるようす。

最近調べたら、1,700円程度で購入できるようになっていました。

1年前は4,000円くらいしたんですけどねえ。

まあ、新しい技術は時間が経つとどんどん価格が下がっていくものですから、価格については妥協する事にしましょう。


ともあれ、相当安くなりましたね。ランチ2回分じゃないですか。

フルワイヤレスイヤホンもお求めやすくなったという事でしょうか。

まとめ

私は手持ちのiPhone7で当初利用していたのですが、その後iPhone11の登場に合わせてスマホを替えました。それでも、このイヤホンを使っています。

途中でスマホを切り替えているので、概ねどの利用シーンにも適用されるレビューになっていると思います。

使ってみるとデメリットもそれなりに気になったのですが、それでもコードが無いという魅力には勝てず。

いや、ほんとカバンに何らかの形でコードが入っていると、絶対どこかで絡まるんですよね。あれを解く手間に比べたら、安いもんです。


そろそろ買い替えを検討していますが、私は次回もフルワイヤレスを狙っていくつもりです。

その時はまた、こちらのブログで紹介していきますね。

スポンサーリンク

-ガジェット

© 2021 日々勉強。