IT転職

IT業界未経験からの転職は30代でも可能です【採用した理由】

レベッカ

もう30代だし、未経験の今からIT業界に行くのは厳しいわよね……。
でも、挑戦したい気持ちはあるのね。
今からIT業界に行くなら、どんな手段があるかしら。



そんな悩みを追求します。



IT業界経験は10年以上で、現在はとある会社でシステム開発&採用担当として働いております。これからIT業界で働いてみたいという方に向けて、有益な情報を公開します。

『システムエンジニアの転職は35まで』なんて言われる昨今、もうIT業界に行くのは難しいのかな。ずっと興味はあったんだけどな。

そう思う人も沢山居るんじゃないかと思います。

それで、Googleなんかで検索をかけると、「30代の方は同業種に転職しましょう」なんていう一般論があって、がっくりするわけですよね。


この記事は、実際に私が未経験の30代を自分の会社に採用し、自分のチームで一緒に仕事をした経験から、「未経験でも30代なら、まだまだ大丈夫だな」と感じた、という内容です。

そして後半では、『30代で、どうやって未経験でIT業界に転職するか』という方法についても触れていきます。


せっかくIT業界で働きたいという夢を持っている訳ですから、同じ業界で働く身として、簡単に夢を諦めないで欲しいなと思うのです。

それでは、本編に進みましょう。



スポンサーリンク


IT業界未経験からの転職は30代でも可能です【採用した理由】

ということで早速本編なんですが、先に結論からお話すると、未経験でも30代だったら、全く問題なく一緒に働けますね。

新しい事が覚えられないとか、今までのやり方に固執してしまうとか、そういう能力的な問題はまったくないなと。

そう感じたのは、こんな理由があるからです。

  • まだ能力が衰える年齢ではない
  • 知識を応用する力が身に付いている人が多い
  • コミュニケーションが若手よりも円滑


逆に言うと、これらが揃っていないと30代としての魅力には欠けてしまうかもしれません。それについては、後半で説明しますね。


いずれにしても、私は30代未経験の転職に関して、良いなと感じる人がいればこれからも積極的に検討するでしょうし、後悔もしていません。

20代には20代の魅力が、30代には30代の魅力があると思っています。

30代転職でよく見る『即戦力』の意味

よく、転職について解説しているページなど見ると、『30代は即戦力になる事が重要視されます』なんて書かれています。

私はあれを鵜呑みにしてしまって、「転職したら、すぐに成果を出し始めないといけないんだ」と思っていました。

でも、それが難しい事は明らかですよね。

企業文化も分からない、商品の中身についても触れられていない状態で、何らかの成果を出す。

中には「いやいや、そんなの当たり前でしょ」と思う方も居るかもしれませんが、多くの人は脅威に感じるのではないでしょうか。


実際、ひょんな事から転職活動をしてみた事があるのですが、これは大きな誤解でしたね。


戦略的に人材を採用したいと考えている企業の多くは、30代の転職を『戦力の融合』といった意味で捉えているように感じました。

すぐに戦力にはならないかもしれないと言っても、新卒と同じように、のんびり成長を待つという事ではありません。

どちらかと言えば「勤めていた場所が違うのだから当たり前で、我々もいきなり大きなポジションを任せる事はしない。ただ、席は空けておくので一刻も速く仕事を吸収して欲しい」という姿勢でした。


そんな経験を通して、『即戦力』の意味が違うんだと分かりました。


言葉通りに受け取ってしまうと、『即戦力』とはいかにも『すぐに結果を出してくれる事を期待する』と受け取りがちですが、ここで言う『即戦力』とは、ビジネスマンとしての基礎スキルのことです。

つまり、『新しい事を覚え』、『それを応用して仕事に活かし』、『それを仲間と共有する』という、基礎の力のことです。

20代と30代との違い

20代というのは、特に前半に近付くほど、荒削りなものです。

仕事についても体力勝負の強引な作戦を取りがちですし、中には『自分達と相手』といったように、個人のコミュニケーションフィールドとも呼ぶべきバリアを張ってしまう人もいます。

どれだけ仕事ができる人でも、たとえばプレッシャーのかかる局面で脆かったり、判断を求められる場面で立ち往生してしまったり、という事があります。

自分のウィークポイントが沢山あって能力が尖っているので、それを隠せずにさらけ出してしまいます。

つまり、安定していないんですよね。


ビジネスマンになって8~10年もすると、この『粗さ』は軒並み取れてきます。


仕事上の人間関係にもある程度慣れ、線の引き方というのか、学生時代とは違った『利害関係を含む』人付き合いにもある程度、柔軟に立ち回れるようになります。

ここの違いが、『初めての仕事にどう対処するか』という結果に現れてきます。

こういう事なんだなと、私は実際に人を採用し、採用される側の経験もすることで学びました。


もちろん、全員がそういう訳ではないですよ。

たとえば20代の全員が粗くて尖っていたり、30代の全員がビジネスに慣れていて落ち着いて対応できたりという事はないです。

私のチームには、20代前半でもなんか妙にこなれていて、相手が権力者であろうが資産家であろうが、臆することなくコミュニケーションが取れる人がいます。

一方で、40代でもやたら上から目線になってしまい、しかも話の筋が通っていなくて、全く若手の支持を得られない方も居ます。

でも、『知識・スキル』『経験』『コミュニケーション』の3つが、比較的良いレベルになっている可能性が高いので、30代ではこういった要素が求められているんだろうなと。

実際私も未経験の30代を採用する時、知識・スキルは無いので、前職までの『経験』と『コミュニケーション能力』で採用しましたし。

30代未経験でIT業界に転職する方法

前項までの内容で、30代未経験で異業種に転職することに対して、抵抗感を弱めるというのか、少し自信が付いていたら良いなと感じます。

ここでは実際に、『30代未経験転職に何を持っていくか』という具体的な目線で話ができればと考えています。

この記事では30代に向けて書くので、より実践的な内容になるのですが、過去に『IT業界に未経験で転職するには』という記事を書いているので、できればそちらも参考にして頂けるとありがたいです。

参考現役エンジニアが未経験IT転職のポイントを3つ解説する【初心者向け】

続きを見る


それでは、本編へ。

スキルの最低ラインに立つ

どのような種類の仕事をするにせよ、すごく大きな枠で言うと、スキルは2種類に分かれます。

  1. ハードウェア系のスキル
  2. ソフトウェア系のスキル


前者はハードウェアの製造関係で仕事を得たり、インフラの整備やネットワークの担当として仕事を得る事ができます。

後者はプログラミングを覚えてシステムを開発するのが主な仕事です。私はどちらかと言えばこちら寄り。


これらを独学でも何でも良いので、勉強していくことになります。


これを、『30代で未経験だけどIT業界に転職したい』という想いの足がかりにするんです。

ただ『IT業界に転職したい』人より、たとえば『IT業界に転職したいのでプログラミングを勉強した』人の方が「想いが強いんだな」と見られるのは当たり前ですよね。

この『自分が何かに挑戦した結果』を見ている企業が多かったですし、そこで掴み取ったものがあることを話せると、転職の可能性がグッと増えます。

私はソフトウェア側の人間なので、ソフトウェア開発を目指すのであれば、プログラミングスクールを活用するのが近道だと考えています。

これについては、以下の記事で詳細を解説しています。

参考現役エンジニアが未経験IT転職のポイントを3つ解説する【初心者向け】

続きを見る

『知識を応用する力』を面接でアピールする

転職活動を始めると、自信がない人ほど「入れてください」とお願いする姿勢になりやすいです。特に未経験の場合は尚更だと思います。

その気持ちはとても良く分かるのですが、実際に面談などしてみると、「経験が浅いので~」と謙虚に行く姿勢は、評価を得られないケースが多いことに気付くと思います。

私も『自分の功績をアピールする』というのがどうも苦手だったのですが、うまく使えるようになりたいと思い、積極的に話したり公開したりというのを、このブログでもやっています。


ただ、ひとり語りの自慢になってしまっては逆効果です。

自分の功績をアピールする上で最も重要なのは、『知識を応用する力』です。

これがあることを、相手に説明して理解して頂かなくてはなりません。

逆にこれさえあれば、「未経験でもすぐに仕事を覚えて活躍してくれそうだな」と思って頂く事ができますし、最悪の場合でも「色々な挑戦と努力をしてきた人なんだな」と感じて貰えます。


ではそれを具体的にどうやって表現するのかというと、それは『相手の質問に実体験を混ぜて回答する』というのが有効です。

たとえば、『前職では何をやってきましたか?』という質問に対して、『前職では営業を○年やっていました。成果も挙げていて、こんなにすごいです』と話す事、よくあると思うんですよ。


これはNGではありませんが、あまり効果的ではありません。

なぜかと言うと、『成績アピールが押し付けになってしまうから』です。


ちょっと変な話ですが、自分の長所を素直に話すと、人は懸念や反感を抱くものなんですよ。

思った事ありませんか。「俺は今、年間1億稼いでる」と言われると、「へえ……すごいね」と、少し苦笑してしまうみたいなこと。

なぜこういった現象が起きるかというと、それは『成果報告』に留まっていて、『知識を応用している事が表現されていない』からなんですね。

その自分の努力や経験、知識を応用して成果に変えた力というのは、1mmも相手に伝わっていません。


たとえば、こう話されたとしたらどうでしょう。

「5年前に自分でビジネスを始めたんだけど、最初は1円も稼げなくて。ネットビジネスも投資も色々試して駄目だったんだけど、2年前から気付いた事があって、それで今は年間1億稼いでる」

同じ事を言っているはずなのに、少し何をしたのか聞いてみたくなりますよね。


知識を応用している所を見せると、人は共感を抱きます。

応用して結果を出している所を見せると、人はその原因を探りたくなります。


相手の質問に、こういった回答ができるよう訓練するのが大事です。それだけで、人の印象は相当変わってきますよ。

そしてこれは、『コミュニケーション能力』への評価にもなるんです。

30代未経験のIT業界転職で最も大事なこと

私としては、ひとまず上記の2つですね。『スキルの向上』『知識を応用する力のアピール』これさえできれば、採用してくれる会社はあると考えております。

最初は給料が薄くて困る事があるかもしれませんが、IT業界というのは業界経験さえあればキャリアアップ転職ができるので、3年ほど経験を積めば事情が変わってくるのではないかなと。


最後にもうひとつ。

未経験の転職で最も大事なことは、『転職後の給料にこだわらない』ということです。


成果を出せば、どうせ給料は上がっていきます。未経験でまだ成果の出しようもない状態ですから、それを覆すのが優先だと、私は思います。

自分に今どのくらいの価値があるのかというのは、転職エージェントを使うと結構な精度でお話して頂けるので、そちらも利用されるとよいかと思いますよ。

それでは、現場からは以上です。

スポンサーリンク

-IT転職

© 2021 日々勉強。