ブログ

とにかくやさしいWordPressブログの始め方【初心者向け】

クリス

WordPressを使って、ブログを開設してみたい!
……けど、専門用語がバシバシ出すぎてわけがわからないし、
ネットで調べても手順が複雑すぎて難しそう。

やっぱり初心者にブログ開設なんて無理なのかな……。
やっぱり無料ブログで楽に始めようかな……。


そんな悩みを解決します。


確かに、初心者がWordPressを使ってブログを開設するためには、必要な手順が山ほどあって大変です。

でも、よく見てみれば『手順が多いだけ』です。WordPressでブログを開設するのが難しかったのは、ちょっと前までの話なんですよ。

今となっては、サーバを借りるのもドメインを契約するのもWordPressをインストールするのもドメインを紐づけるのも、しっかり手順を追いかければ、そんなに難しくないです。

この記事では、以下のような人を対象に進めていきます。

  • ブログを始めてみたいけど、やり方がよくわからない
  • WordPressが良いって聞いたけど、調べれば調べるほどこんがらがる
  • そもそもサーバとかドメインって何だよ! 日本語しゃべれ!
  • ブログでお金が稼げるって聞いたけど、どうすればいいの?


興味のある方には収益化、つまりアフィリエイトの話にもちょこっと触れていきます。

この記事を読むと、以下のことが達成されます。

  • ブログの開設に関するサーバやドメインなどの知識がついている
  • レンタルサーバーで実際にブログの開設ができるようになる
  • セキュリティ設定(SSL化)もできているブログになる
  • 収益を稼ぐ方法を知っている


なるべく分かりやすくを徹底していきますので、どうぞ最後までお付き合いください。

ということで、WordPressブログの始め方について、見て行きましょう。




スポンサーリンク


どうやってWordPressでブログを始めたら良いの?

WordPressでブログを始めるのには、ある程度の手順があります。

上から下に読んで順番に実行すれば、誰でも簡単にブログが開設できるように説明していきますが、一応まずは概要として、ブログの始め方について説明していきたいと思います。


WordPressブログを始めるための流れ

WordPressブログを始める流れは、以下のようなものです。

ブログ開設の流れ

  1. サーバを借りる
  2. ドメインを取得する
  3. WordPressをインストールする
  4. SSLの設定を行う
  5. 最低限必要な、WordPressの設定を行う


さて、サーバ? ドメイン? 分からない単語が色々出て来たかと思いますが、今は何も分からなくて大丈夫です。


一番気にして欲しい所は、お金がかかるということ。ここは避けては通れません。


といっても、最近はどこを選んでも月々1000円程度で始められる事が多いので、その位の認識でいれば大丈夫です。

そう聞くと、「年1万超えるのか……」と思う方も、中には居ると思います。

ただ、ブログ運営をきちんと1年続けた場合、記事の内容やジャンルにもよりますが、年1万ちょっとという段階は超えられているのかな、と思います。


Googleアドセンスオンリーとかでなければ……個人差はあると思いますが。


そうすると、月々1000円というのは簡単に返って来ますね。無料ブログで始めると無料である代わりに収益化もできないので、実質ちょっと損かなって思います。

私は『記事を書いていけばサーバ代は入るんだな』と気付いてから、WordPressで始める事にしています。


ブログの始め方①:サーバを借りる

まずはサーバを借りましょう。借り先は色々ありますが、私自身は『ConoHa WING』を使っています。

ポイント

『サーバ
ざっくり言うと、インターネット上にホームページを公開するためのスペースです。WordPressが家だとしたら、サーバは土地ですね。
ブログを運営するためのスペースに、月々1000円程度のお金がかかるんです。


ConoHa WINGの他には『X-Server』『mixhost』などがありますが、比較した所、ConoHa WINGが一番安くてホームページの表示スピードが速いので、ブログ運営に有利です。

では、ConoHa WINGでサーバを借りる手順を説明しますね!

ConoHa WINGにアクセスしてみよう

※ボタンをクリックすると公式サイトに移動します。

右クリックして『新しいタブで開く』を選択すると、楽に進めることができますよ。

最安値で月800円。驚異的な安さです。昔、学生時代にブログを作ろうとした時は、この年間1万強が払えずに悲しい想いをした事がありました……。

ConoHa WINGのページに移動したら、『今すぐお申込み』を押します。

赤丸で括られた所です。

ところで『お申込み』なんて言われると、「あっ、やっぱやめようかな」ってなりませんか?(私はなります……)

『レンタルサーバー』なんていうといかにも難しそうですが、『ブログを開設するためのスペースを申し込む』という意味です。

個人情報を入力しよう

申し込みページをクリックすると、個人情報の入力に移動します。

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 郵便番号
  4. 住所
  5. メールアドレス
  6. パスワード
  7. ※ConoHa WINGのコントロールパネルにログインするためのパスワード。簡単すぎないようにしましょう。でも忘れないで!


上記が必須項目になりますので、それだけ入力すれば大丈夫です。

下の方に『次へ』ボタンがありますので、それをクリックしましょう。

SMS認証をしよう

ポイント

『SMS/電話認証とは』
先ほど氏名や住所なんかの個人情報を登録しましたが、それが本人かどうか、サイト側にとってはまだ分からないですよね。なので、SMSや電話を使って本人確認をするんです。
スマホと本人を結び付ければ、より信頼性のある情報になりますよね。


以下の情報を入力して、『SMS認証』ボタンを押してください。

  • 国コード(多くの人は日本だと思いますが)
  • 電話番号


4桁の番号がSMSで携帯 or スマートフォンに届くので、それを画面に入力すればOKです。

なお、電話認証の場合は4桁の番号を自動音声で案内する電話が掛かってきます。人と話す訳ではないので、SMS不可な場合はこちらを選択しても大丈夫です。


決済情報を入力しよう

次に、決済の情報を入力しましょう。クレジットカードとConoHaチャージという2通りの方法が選べますが、支払い忘れが発生するのでクレジットカードがおすすめです。

ポイント

『ConoHaチャージとは
コンビニ決済などを利用したい場合に、お金をチャージして使います。
コンビニ決済ということは自動引き落としにならないので、毎度振り込む必要があります


クレジットカードを選択した場合、以下の情報が必要です。

  • カード名義
  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

ポイント

『セキュリティコードって?』
インターネットで買い物をしたことがない人は使った事がないかもしれませんね。
セキュリティコードというのは、クレジットカードの背面に記載されている、3桁の数字です。


なお、VISA・Master・JCBから選べるようですよ。


契約プランを選択しよう

続いて、契約プランの選択をしましょう。
これは少しばかり細かい用語が沢山出てくるので、画像を使って上から順に説明していきますね。

  1. 料金タイプ
    後に使う『ドメイン設定』があるので、ここは『WINGパック』を選びます。
  2. 契約期間
    料金が発生するタイミングです。3ヶ月なら3ヶ月ごと、1年なら1年ごとに料金が発生します。
    短く区切れば辞める時トクですが、長く契約すると料金が安くなります
    特にこだわりが無ければ、料金負担と期間とのバランスが良いので『12ヶ月』がおすすめです。
  3. プラン
    料金を上げれば画像を沢山登録できるようになりますが、ブログで『ベーシック』意外を選ぶ必要はほとんどありません。『ベーシック』で十分です
  4. 初期ドメイン
    後に使うドメインとは別のものです。
    なので、適当に決めればOKです。
    ただし、他の人のドメインと同じものは使えないので、被った場合は生年月日入れるなどして区別しましょう。
  5. サーバ名
    初期設定のままで全く問題ありません。

右側に、決済する金額が表示されます。『続ける』を押しましょう。


決済しよう

最後に『決済』ボタンを押して、サーバのレンタルは完了です!


ブログの始め方②:ドメインを取得する

続いて、ドメインの取得を行い、サーバに設定していきましょう。

ポイント

『ドメインとは?
Internet Explorerなどのブラウザでインターネットをする時、いつも画面の上部に『http://www.〇〇〇.com』とか、『〇〇〇.net』といったように、文字が表示されていますよね。
あれは、インターネット内に沢山あるページを見分けるための、言わば住所や目次のようなものです。これを、『ドメイン』と言います。

インターネット全体で重複する事ができないので、他の人が既に利用しているものは使うことができません!

ドメインを取得しよう

レンタルサーバの決済が完了すると、すぐにドメインの取得に移ります。『新規取得』を選択し、取得したいドメイン名を検索しましょう。

63文字以内で決めなければならないので注意しましょう!

ここでは、『〇〇〇.com』の『〇〇〇』の部分を決めていきます。すると、末尾の『.com』や『.net』を含めたドメインが一覧表示され、取得できるかどうかが分かるようになります。

画像では料金が表示されていますが、『WINGパック』の場合はドメインが無料で取得できるので、0円になっていると思います。

ポイント

普通、ドメインの取得にはお金がかかりますし、年単位で更新費用もかかります。
ですが、なんと『ConoHa WING』のWINGパックを利用した場合は、登録料も更新料もかからず、永久に無料で利用できるんです!
これにはびっくりしました。ほんと、すごいですね……。


ここで、『取得できません』と表示されてしまっているドメインは、既に誰かが利用しているドメインです。なので、他のものを選ぶようにしましょう。

気に入ったドメインを『カートに追加』し、『次へ』を押します。

ポイント

『.com』とか『.net』とか、どれがいいの?
一昔前までは『.com』『.net』『.jp』などが一般的でしたが、最近はどれでもいいです。気に入ったものを選びましょう。

※普通はドメイン毎に登録料や更新料が違うのですが、この手順で立ち上げた場合はConoHa WINGからドメインを貰えるので、本当にどれでもいいです。

個人情報を入力する

ドメインはサーバとは違うので、ここでも取得のために個人情報を入力する必要があります。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号


それぞれ入力し、『次へ』を押しましょう。

決済しよう

最後に『決済』ボタンを押して、ドメインの設定も完了です。

ポイント

普通は取得したドメインをサーバに設定する手順があるのですが、なんとConoHa WINGはここでも『自動で設定』してくれます。
この手順が昔は長くて大変だったんです。


しかし! ひとつだけ、やらなければいけない事があります!


『ドメイン情報認証』をしよう

登録したメールアドレスに、『【重要】[ConoHa] ドメイン 情報認証のお願い』というメールが送られているはずです。

メールに書いてあるURLを期限内にクリックして、必ずドメインの認証をしておきましょう。


ブログの始め方③:WordPressのインストール

なんと、ドメインを取得するとWordPressのインストールも勝手に始まります。ConoHa WINGほんとすごいです。

『WordPressを作成しますか?』というポップアップに『作成します』と答え、先程作成したオリジナルドメインをチェックして、『次へ』を押しましょう。

注意ポイント

ドメインの選択では、以下2つのドメインが選べるようになっています。

  • ×『〇〇〇.conohawing.com』というさっき適当に作成したドメイン
  • 『〇〇〇.com』などの、自分がちゃんと考えて登録したドメイン

必ず自分が登録した、『conohawing』ではない方のドメインを選択しましょう! 『ではない方』ですよ!


続いて、以下の情報を入力する事になります。

何これ……。という感じですよね。ここまでスムーズだっただけに、ちょっとここはめんどくさい。

手早く処理するために、下に設定を書いておきました。ご参考にどうぞ。

  1. バージョン
    そのままでOK
  2. URL
    そのままでOK。下の空欄にも入力しないこと。
  3. サイト名
    自分のサイト名を入力。
  4. メールアドレス
    メールアドレスを入力。
  5. ユーザ名
    WordPressにログインするためのユーザ名。
  6. パスワード
    WordPressにログインするためのパスワード。半角英数字+記号も必要なので注意されたし。
  7. データベース名
    初期設定のままでOK。
  8. データベース-ユーザ名
    初期設定のままでOKですが、どこかにメモしておきましょう。
  9. データベース-パスワード
    半角英数字記号8文字以上。
    基本的には使用しませんが、使用しないという事はすぐに忘れるパスワードになるので、どこかにメモしておきましょう。
  10. コントロールパネルプラグイン
    そのままでOK
  11. 自動キャッシュクリアプラグイン
    そのままでOK


すべて入力したら『作成』ボタンを押し、WordPressをインストールしていきましょう!

注意ポイント

ConoHa WINGのアカウントを作った時にもパスワードを作成しています。これは、ConoHa WINGコントロールパネルへのログインに使うパスワードです。

  • ConoHa WINGコントロールパネル……WordPressそのものや、サーバの設定をするのに使う
  • WordPressパスワード……記事を書いたりブログデザインをするのに使う

それぞれ意味合いが違うので、覚えておきましょう。

しばらく待ちますが、上記画像のようにステータスが『稼働中』になれば、インストールは完了です。

ポイント

『エラーについて
ステータスが『稼働中』ではなく『エラー』となった場合はWordPressのインストールに失敗しているので、一度WordPressを削除し、もう一度インストールを行ってください。

ブログの始め方④:ブログをSSL化する

昨今、Googleでは『暗号化されていないサイトの評価を下げる』といった事をやっており、このままだと不利です。なので、独自SSLというものを設定します。

『サイトセキュリティ』から『無料独自SSL』の設定をONにしておきましょう(30分ほどかかりますので、のんびり待ちましょう)

ポイント

『独自SSLってなに?
すごく簡単に言うと、WordPressのサイトを暗号化してくれる仕組みのことです。設定しておくとセキュリティ上安全。


30分くらい待つと、『SSL有効化設定に成功しました』というポップアップが出るので、そうしたら『サイト設定』から、『かんたんSSL化』の『SSL有効化』ボタンを押します。

これで、SSLの設定も完了しました。


ブログの始め方⑤:サーバ関係はこれで完了!

お疲れ様です。ブログの開設そのものは、これで完了です!

『①サイトのURL』にアクセスすると、この段階では『Hello World!』なんて表示されているはずです。

上記画面の、『管理画面URL』からWordPressの管理画面に移動する事ができます。

試しにクリックしてみると、以下のような画面になります。

手順③で登録した、ユーザ名パスワードを使いましょう。

すると、ついにWordPressにログインすることができます!

長らく設定お疲れ様でした。根詰めてもしょうがないので、一旦休憩しましょうよ。


WordPressでブログを始めるにあたって、設定した方が良い事はある?

さて、あとは記事を書いて行きましょう!

……と言いたい所なんですが、実はWordPressで設定した方が良い内容があります。今度は、WordPressを使って、ブログの外観や中身を設定していきましょう。

WordPressでブログを始めるにあたり、必要な設定は以下の通りです。

  • テーマ(ブログの外観)
  • プラグイン(ブログの機能)
  • パーマリンク(SEO対策)


ちゃちゃっと済ませてしまいましょう。


WordPressブログのテーマ(外観)を設定する

まずは外観です。WordPressには山のようにテーマがあり、ちょっと探すのも億劫になるくらいです。

しかも、有料のものと無料のものがあって大変……。

外観をどこまでこだわりますか? こだわらないなら、とりあえず無料の『Cocoon』を使っておけば、少なくとも間違いはないです。

有料で長く使っていきたいなら、今のうちに『Affinger5(WING)』を覚えておくというのが良いかと思います ※このブログはAffinger5です。

正直ブログって外観より中身の方がずっと大事です。このテーマを選ぶ理由は機能が多くて見やすく、SEOに強いから

ポイント

『SEOとは
検索エンジン(Google、Yahooなど)の上位表示を狙うための対策のこと。


各テーマのインストールはテーマのサイトに方法が載っていますので、ここでは割愛しますね。

参考面倒なのは嫌って人向けのWordPressおすすめテーマ3選【初心者向け】

続きを見る

WordPressブログのプラグイン(機能)を設定する

とりあえず、以下を設定しておけば間違いはないです。

  • Contact Form 7
  • Google XML Sitemaps
  • Invisible ReCaptcha
  • SiteGuard WP Plugin


これの導入も簡単で、WordPressの管理画面から、『プラグイン』→『新規追加』で検索し、登録することができます。

パーマリンク(SEO対策)を設定する

WordPressのダッシュボードから、『設定』→『パーマリンク』と移動します。

2つだけ設定します。

  • 『投稿名』にチェックを入れる
  • 『カスタム構造』の部分が『/%postname%/』になっている事を確認

これでOKです。


『Google Analytics』『Search Console』『Google Adwards』にそれぞれ登録する

さて、ブログを開設したは良いものの、一体どのくらいの人が訪れているのか。ということは、絶対に知っておきたいですよね。

ということで、これらのサービスに登録しておきましょう。『Google Adwards』は広告を表示するサービスですが、『キーワードプランナー』が使えますので登録しておきましょう。

これは最低限やっておきましょう。いずれ必要になります。

以下のサイトが分かりやすかったので、それぞれリンクを貼っておきます。

Googleアナリティクスを導入する(Cocoon)

Google Search Consoleに登録する方法 | Cocoon

【2020年版】キーワードプランナーの登録方法【チュートリアル】


WordPressで収益化ブログを始めたい!

さて、WordPressブログで収益化を狙うとなると、ここからどのようにしていけば良いのでしょうか?

先に結論からお話してしまうと、収益化するためのプログラムに登録していけばOKです。

なんと、あなたはもうブログのオーナーですので、収益化プログラムにも登録ができるようになったのです!

ということで、WordPressを使ったブログを収益化する事について、きほんの『き』をまとめました。


どうしたらブログでお金を稼げるの?

ブログを収益化するということは簡単に言うと、ブログを経由して商品を買ってもらう事で、自分に利益が入って来る仕組みを作る、ということです。

ということで、仕組みとしてはシンプルに2つだけです。

  • 広告がクリックされたらお金が入る
  • 広告がクリックされて商品が購入されたらお金が入る

基本的には上記のどちらにも登録して、それぞれのアフィリエイトや広告料などで稼いでいく事になります。

ここは誤解を招きたくないのではっきりとお話しますが、ブログを始めたばかりの頃なんて、全くお金は稼げないです。

最低でも半年~1年はかかると思っておいた方が無難です。毎日記事を投稿しても、そのくらいかかります

お金を稼ぐ事に楽な話はないという事ですが、サラリーマンと違ってブログは個人事業と同じなので、それを加味して考えると1年でも早すぎる位です。

普通、会社を立ち上げたら赤字を返せるのなんて、良くて3年くらいかかりますよね。なので、すごい事だと思います。


収益化プログラムに登録する前に、最低限10~15記事は書こう!

事前の話になってしまうのですが、各種収益化プログラムに登録するためには、そのブログが有益なサイトであるかを判断するための審査があります。

できたばかりのブログでは有益なサイトだとは判断されないため、10~15記事は書くようにしましょうね。

その上で、以下のプログラムに登録していけばOKです。

  • Google Adsense
  • Amazonアソシエイト
  • A8.net
  • afb-アフィb
  • もしもアフィリエイト


上から順番に登録していくと良いです。特にGoogle Adsenseは審査が難しいので一番最初に!

他はきちんと公序良俗に従ったブログを作成していけば、まあ審査で落ちるという事はあんまりないと思います。

A8.netについては、画像を使って実際に登録する方法を追いかけてみました。以下のページでどうぞ。

参考初心者向けブログアフィリエイトの始め方をたった1記事で解説!

続きを見る

『SEO対策』を意識してブログを始めること

ブログで収益化を狙う場合、上記で説明したように広告料などで収入を得ていく事になります。

その場合、どうしても『ブログへのアクセス数』を稼がなければ、どうやってもお金にはならないんです。

そこで、アクセス数を稼ぐために目下最重要項目となるのが、『SEO対策』です。

このブログでもSEO対策については色々書いてありますので、参照頂ければと思います。

参考SEO対策のやり方とは。費用をかけずに今すぐできる具体的な方法【ブログ編】

続きを見る

WordPressブログの始め方は、それほど難しくない

以上、ConoHa WINGを使ってWordPressブログを始める方法と、ブログを収益化するための基礎知識でした。

WordPressでブログを開設するのは、なんとなーくすごく大変なような気がしていて、でもやってみたら意外と簡単でした。

実際に開設してみると、『こんな所で躓いていたのか……』と思ってしまうほどでした。

本当はWordPressでブログを作ってみたいけれど、なんとなく難しそうで手が出ないという方の助けになれば幸いです。

それでは、今回はこんなところで。

スポンサーリンク

-ブログ

© 2021 日々勉強。