ブログ

ブログをiPadで書くならサブ機として使うべきな理由【作業効率】

レベッカ

ブログを運営したいけど、手持ちにパソコンがないわ……。
iPadならあるけど、これで記事って書けるのかしら?


こんな悩みを持っている方向け。


ブログとWeb小説を合わせて1000万字近くの文章量を書いてきました。その中で、分かったことを共有します。

結論から先に言うと、iPadでブログ運営はスマホほど厳しくないですが、パソコンと比べると絶望的な差があります。

私は、デスクトップパソコン + iPadという組み合わせが最強だと思っており、この2台でブログ運営をする事を推奨しております。なお、デスクトップパソコン + ノートパソコンよりもiPadの方が優秀です。

この記事を読むと、以下の事が達成されます。

  • ブログ運営がiPadでできるのかどうかが分かる
  • iPadでブログをどこまで作業すべきかが分かる
  • iPadで揃えておくべき環境が分かる
  • 現段階での最強の作業環境・効率が何か分かる

それでは見てみましょう。



スポンサーリンク


ブログをiPadで書くならサブ機として使うべきな理由

この段落では、iPadでブログの執筆作業がどこまでできるのかを解説していきます。

iPadは大きくても12.9インチ

まず意識しておきたいのは、どんなに頑張って大きいiPadを買っても、その画面の大きさは12.9インチが限界だということです。

つまり、一番大きくてノートパソコンの小さめサイズと同じくらいだということです。この画面の大きさは変える事ができません。

これが何を意味するのかと言うと、以下のような作業が快適にできません。

『画面の大きさがモノを言う世界』

  • 誤字・脱字・不適切な文章チェック
  • HTML・CSSなどのプログラムコーディング
  • WordPressの設定を確認・編集する

なお、最近のiPadは優れているので、インプット・アウトプットの両方ができるようになったのは魅力です。

何故この3つなのか、その理由を説明します。

『チェック作業』の効率は、『画面サイズ』がモノを言う

ずばり、画面サイズが大きくないと何が困るかというと、『チェック作業の効率』です。これがブログをiPad1台で完結させるべきではない理由となります。

そして、これに関係してくるのが上記3つの項目だというわけです。

何なら、デスクトップパソコンでも私は22インチよりも27インチを推奨しています。チェック作業において、画面サイズは命です。

なぜならチェック作業のスピードというのは、以下の2つの観点により速度が決まってくるからです。

  • 視認可能な範囲(画面の大きさ)
  • 視認のしやすさ(文字の大きさ)

視認可能な範囲 × 視認のしやすさ = チェック作業効率

たとえば本を読むなどの『インプット作業』と、書かれている内容を確認・修正する『チェック作業』は、全く別モノだと思っておいた方が無難です。

「本読むのは問題ないんだから、大丈夫っしょ~」と思っていると、わりと痛い目を見ます。

誤字脱字がね……発見できないんですよ、iPadでは……。

チェック効率の悪化がどれだけ影響するのか

そりゃあ頑張って何度も見直せばできるんですが、効率が悪いです。2~3回読み直したのに誤字脱字に気付かなかった、という箇所がまあ大体、15,000文字書いたら1箇所発生するかなくらいの頻度でしょうか。

27インチのパソコンに大きめの文字でチェックをすると、慣れてくると1回読み直せば15,000字に1箇所くらいの頻度に抑えられるかな、という感覚です。

私の平均で言うと、ブログ1記事あたりの平均文字数が3,000字だとしたら、iPadでは3回読み直して、5記事に1回発生するイメージ。

27インチのパソコンでチェックすると、1回読み直して5記事に1回発生するイメージです。

分かりやすく作業時間で比較してみましょう。

3,000文字の文章チェック1回に15分かけるとした場合

  • iPad    :チェック時間45分で発生率20%
  • 27インチPC:チェック時間15分で発生率20%

これだけのタイムロスがあります。

ブログの記事は、情報の質と量で勝負するものです。たとえば、平均3,000字の記事を100記事書くとしたら、少なくとも30万字は文章を書くことになります。

そうすると、100記事で3000分 = 50時間を余計なチェック作業に割くことになりますね。

50時間あったら、もう10記事は多く書くことができます。これが、作業環境を良くすることのメリットです。

実際は1回のチェックで記事を公開できる事はあまりないので、もっと時間をロスする可能性があります。

ブログの作業効率を可能な限り良くするために

ということで、ブログのように大量の文章量を所有する媒体の場合、作業効率というのはとても重要になってきます。

そこで、おすすめの環境を紹介します。

ブログを書くなら、パソコン + iPadが最強な理由

見ての通り、iPadで作業することのデメリットは『チェック効率』です。

まあWordPressの外観を修正したり機能を追加したり、HTMLやCSSをいじったりというのは、『ブログを運営する』という全体の時間から考えるとかなり少ない方でしょうから、最もネックになってくるのは記事のチェック時間でしょう。


そこで、デスクトップパソコン + iPadという組み合わせの出番です。


逆に言うと、iPadは『チェック作業』以外の部分については無敵の自由度を誇ります。ノートパソコンと比べても、かなり大きな違いがあります。

『iPadでブログ運営を行うメリット』

  • 約500グラムという驚異の軽さ
  • キーボードとマウスをbluetoothで後付できる取り回しの良さ
  • 立ったままタテ持ちで『インプット作業』ができる自由さ
  • 記事の構成・プロットを見ながら同時並行で文章執筆可能
  • スペックがノートパソコンレベルで速い
  • バッテリーが強いのでACアダプタ持ち運び不要

これらの差別化点から、デスクトップパソコン + iPadという選択肢は現状最良の候補だと思っています。

iPadは高いか? ノートパソコンを買ったほうが良いか?

ノートパソコンと比べて大きく違うのは、『タテ持ちできる』『軽い』という点です。


では、iPadの価格は一番安いものでも4万円前後です。これが価格相応かを見ていきましょう。


結論から言うと、4万なら安いと考えています。

特に、ノートパソコンで作業する場合はACアダプタをセットで持つことが多く、総重量は軽くても2kg前後になります。iPadで作業を行うなら、bluetoothキーボード + マウスでも1kg行くか行かないかです。

重量が1kg違うと、『旅行・出張の時に持っていくべきか』『友人と会う前の喫茶店で1時間作業するか否か』といった選択に明確な違いが出てきます。

たとえば上記のようなケースで1時間作業できるとしたら、ノートパソコンが重いからという理由で休日に持って行かなかった場合、1時間の機会損失です。

さらにタテ持ちできるので、行き帰りの通勤で電車に乗っている時間が2時間だったら、平日5日で10時間のインプット機会を失う事になります。スマホよりiPadの方が効率が良いので、できればiPadでネットサーフィンしたい所です。

つまり、1週間で11~12時間の機会損失ですね。作業時間が仮に時給1,000円だとすると、これだけで1万違います。


だから、1ヶ月以上ブログ運営をするならiPad代は投資しても良いかなと。作業時間という形で返ってきますので。

ブログ運営から見るiPadのベストな環境

これらの機能を最大限活かすなら、『セルラー版』のiPadか、『wifi版』にモバイルwifiという組み合わせがおすすめできます。

違いは以下です。

 月ごとにかかる価格通信量制限
セルラー版 + 携帯用SIM格安SIMだと約1000円~

会社によって違うが
大体3~5Gくらい

wifi + モバイルwifiルーター約3000円~会社によって違うが
制限なしの所もある

私はセルラー版 + 携帯用SIM(UQモバイル)を使っているのですが、wifi + モバイルwifiルーターにすれば良かったなと。若干後悔しています。

月間料金が安いのは良いのですが、通信量3Gってハウツー動画なんかを見ているとあっという間に通り過ぎてしまうんですよね……。通信量を気にしながら作業するのがストレスです。

モバイルwifiを契約して、wifi版で使うというのがおすすめです。

携帯SIMもモバイルwifiも、迷ったらとりあえずUQモバイルを選んでおけば間違いないです。安くて速い。

ただし、iPadだけでブログ運営を行うのはチェック時間の理由から、おすすめしていません。どうしても1台で完結させるなら、ノートパソコンの15インチあたりをおすすめしています。その場合はSIMが使えないので、モバイルwifi確定ですね。

また、タテ持ちが便利なため、平常時から重量を上げてしまうApple純正のSmart Keyboardはおすすめできません。正直どれだけ軽かろうが常に付いてたら重くて不便です。

iPadと周辺機器については、これを選んでおけば間違いないというものを記事にしておきましたので、読んで頂ければ。

こちらもCHECK

小説書きの作業効率がめちゃくちゃ上がるiPadというツールについて

続きを見る

デスクトップパソコンの画面サイズは?

こちらも候補がいくつかありますので、パソコン選びは別記事にまとめておきました。

デスクトップパソコン + iPadで運営する場合の最適解、ノートパソコン1台で運営する場合の最適解を選んでみましたので、見てもらえれば迷う事はあまりないと思います。

こちらもCHECK

【2020年】エンジニアの私が選ぶブログ用おすすめパソコン。失敗しない選び方

続きを見る

まとめ:ブログ運営におけるiPadはサブ機

ということで、『ブログ運営』という観点から見たiPadについての見解をまとめてみました。

iPadって、最初に見た時は『これ必要なのかな』『スマホで良いんじゃないかな』と思ってしまいます。でも実際、あるのと無いのでは私生活がかなり変わってくるなと感じています。

スマホで長時間インターネットするのは目がつらいし、まして文章を書くのは厳しすぎますよね。

そう考えると、わりとベストなサイズ感だなあ、と感じています。

ただし、やはりアウトプットにおけるiPadの立ち位置は、あくまで『サブ』です。今の所メインには成り得ませんし、メインで使うならOSが優秀なノートパソコンの方が良いです。

ブログ運営における環境選びの参考になればと思います。

スポンサーリンク

-ブログ

© 2021 日々勉強。